表参道縮毛矯正 2020/03/09

難度レベル=5
髪質=中〜太毛
履歴状態=8ヶ月前にデジタルパーマ、6ヶ月前にハイライトブリーチ、毎月白髪染めリタッチ、毛先は釣りってます。

8ヶ月前のデジタルパーマと6ヶ月前のハイライトブリーチが重なっている部分が危険で最悪な状態。根元は問題がないので、危険で最悪な部分をダメージさせずに癖をしっかり取ること、毛先のチリチリビビりダメージを進行させずにくせを取り、更に難易度を上げてしまうのが、デジタルパーマ部分のくせは取れますがデジタルパーマのカールは残ってしまいやすいので、いかに全てを考慮し綺麗に仕上げることができるかがポイントです。かなり難易度が高いです。カラーもご希望なのですが1センチなので、縮毛矯正後にリタッチします。
施術内容
1液放置タイム=塗り終わってから30分。
5.0にて危険で最悪な状態のところ以外を10分で塗布してタイマースタート→毛先のチリチリビビりダメージに5.0のクリームのみを塗布→タイマースタートから15分で毛先のチリチリビビりダメージのところ以外の危険で最悪な状態のところに残液を塗布しその後毛先にも残液を塗布→タイマーが30分の時点でシャンプー。
ドライ=フルウエットからツインブロー
 
アイロンプレス=180度
 
2液=加水2%にて塗り終わり3分で流し
カラー=イノアカラー8.032:6.032=1:1の6%にてリタッチ
 
所要時間=4時間50分(カラー+カット+トリートメント含む)
 
金額=40000円
 
仕上がりはもちろん乾かしただけです。
今回のような「デジタルパーマ+ハイライトブリーチ+毛先のビビり」などの悪条件が重なっている場合、根元、根元付近〜中間、中間から毛先の薬剤の反応を見ながら薬剤を塗布するタイミングが大切になります。今回のケースはかなり難易度が高く、今回はかなり綺麗に仕上がりましたが、綺麗に仕上がらないこともございます。
はじめて御来店のお客様はダメージを進行させない事を最優先に考えて施術を行います。癖が残ってしまった場合はやり直しができます。しかし極端なダメージはお直しが出来ず想定以上にカットする事になります。したがってはじめてのお客様の髪質でデリケートな髪質やハイダメージで難易度が高い場合はダメージリスクだけ最小限で行う事を優先にさせて頂いております。最後の仕上げは、極端なカールヘアじゃない限りは御要望通りにお仕上げ致します😌
美容師さんへ
くせ毛革命®︎異次元の縮毛矯正」にて「異次元の売上」を上げられているサロン様が多数存在しております。「くせ毛革命®︎」の薬剤をご使用になりたい方はHPの「くせ毛革命®︎」のリンクからからお問い合わせ下さい。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次